半月程度の短期間で卒業出来る合宿免許を使おう!


メリットの多い合宿免許

運転免許の取得方法は、教習所に通学して学科と実技の教習を受けるのが一般的で、自宅から通える範囲内にある教習所か、遠方にある合宿教習所に分かれています。合宿免許は数多くのメリットがあり、特に料金面に関しては相当なお得感がある事から、時間に余裕のある若者に特におすすめです。

時期によって20万円から35万円の価格帯で提供されていますが、その料金の中に滞在日数分のホテル(毎日3食付)と往復交通費なども含まれています。滞在中はあまり出費をしないで済むので、合宿に持って行く現金は1万円以内でも問題ありません。なお、技能教習に失敗してしまった場合の延長料金や、検定不合格になった場合の再受検料金に関しても負担をせずに済む合宿もあります。更に、卒業延期で延泊した分のホテル料金は、数泊程度まで無料対応してもらえるので、運転が苦手な方も安心して学ぶ事が出来るでしょう。

デメリットは何があるのか

合宿免許のデメリットは、遠方の教習所に通う関係でホームシックになってしまう可能性があります。1人で半月を過ごすのが寂しい場合は、ツインやトリプルのルーム設定がある合宿を使っておくのが良く、免許を取得していない友人や恋人を誘ってみると良いでしょう。遠方の教習所で不安な事と言えば、第二段階の技能教習は初めて走行する公道ばかりなので、地理に不安な場合は道を覚えにくい事があります。インパクトのある建物・交差点の名称などを覚えておくと運転しやすくなる事に加え、スマートフォンの地図アプリを使えば短時間で覚えられます。

合宿免許は、短期間で実技や筆記の試験対策ができるため人気があります。参加中は教習所で一日中、色々な講習を受けることが可能です。